第十回:第57回古戦場(土有利)本戦お疲れ様でした

 古戦場本戦お疲れ様でした。

今回は初の18万位超えを達成し、戦果も47箱まで掘れたので、個人的には満足です。

※肉は1800個近く余ってしまいましたが、それはそれとして...

f:id:inspectorliris0510:20210801112142j:image

 

 結局、カリュブティスは95HELLと100HELLを1時間ごとに交互に切り替えて飽きないように周回していました。

95HELLは3分半弱、100HELLは7分チョイと、手動適当エンジョイ勢にしてはそこそこの好タイムを出せたかな、と。

 

 戦果も無事1,500弱貯まったので、いい加減何かと交換したいところではあるんですが、

・終末5凸、アスポン5凸

→今はそこまで必要を感じない、ルシHLやバブさんをやる気が起きたら交換を考えようかな、程度。

プロヴィデンスグローブ

→石は凸れば賄えるが、神石編成を組むにはそもそも武器が足りない。

・碧麗の証

→十天最終は3人完了しているが、今は戦力的に最終の段階で事足りている。

・金剛

→凸りたい石が無い

・ヒヒ

→この前グランデHLからドロップしたヒヒが1個余っているのでそこまで欲しいかと言われれば別にいいかな、程度。

・その他

→...もったいなくない?

...とまぁ、こんな感じで現状特に必要も無く古戦場を回っている現状です。

 

 こんな現状でも古戦場を周回するモチベが高かったのは、

・90HELL以降で4凸極神剣を入れた編成を試したい

・最終オイゲン、アナサン込みの肉集め編成が意外と速度が出て楽しくなってきた

・カリュブティスが可愛い

・休日を挟んだ古戦場で周回の時間を確保しやすかった

等ですかね。

 

 次回は火有利です、既に6ポチ2,200万は組めているので、あとはぼちぼち周回して準備していこうか、と思っています。

第九回:第57回古戦場(土有利)予選お疲れ様でした

 皆さん土古戦場予選お疲れ様でした。

前回と間隔が空いたこともあって割と今回はモチベーションが高く、結構周回できた気がします。

初めて肉集めでレリックバスター使いましたが、これはお強い。

f:id:inspectorliris0510:20210723000549j:image

 

編成は以下。

・グラン君(レリックバスター)

・最終オイゲン

・アナサン

・オクトー

・(サブは自由に育成要因を適宜入れ替え)

f:id:inspectorliris0510:20210723000555p:image

 

武器は以下、両面マグナ用の一般的な編成。

f:id:inspectorliris0510:20210723000614p:image

 

召喚石は以下、目ぼしいものは無凸ウリエル程度。

f:id:inspectorliris0510:20210723000624p:image

 

・アナサン3アビ

・オイゲン1アビ

・オイゲン2アビ→オクトー

・オイゲン4アビ

・グラン君1アビ

・グラン君ポンバ

・攻撃、6ポチ2,200万達成

 

 本戦は44箱分90HELLをひたすら回れれば十分かな、と。

試しに殴ったら3ターンで終わったので、今回は割と余裕を持って終われる...?

第八回:”独り”でいることの意義

 今回は第七回の話題に直結する話になります。

※前回の話題については以下を参照

inspectorliris0510.hatenablog.com

 

 前回彼氏さんができた友人から、

”[L'iris]君も早く彼女つくりなよ”

と言われました。

彼女の言いたいことは分からなくもないですが、正直自分は彼女さんを作ることに乗り気ではないです、寧ろ要らないと思っています。

果たしてそれは何故なのか、というのが今回の題目です。

 

 

 一応何回か学生時代に恋愛させてもらった自分ですが、社会人になった今何故要らなくなったかの理由については、以下の通り。

 

1.独りは楽である

 独りは楽ですよホント。

 

①お金を自由に使える

 CDなどの音源データを集めることが好きな自分は、月に一万円前後の金額を音源代につぎ込むこともザラです。

彼女さんがいた場合、身だしなみやデート代など多少なりの出費がつきものですが、それら全てが要らなくなり、気兼ねなく趣味の為に散財できます。

 

②時間を自由に使える

 これは①にも言えることですが、他人と関係を持つということは、自分の持っているモノ(お金や時間等)を対価にしている、といっても過言ではありません。

時間の場合、”自分自身と向き合う時間”を他人よりも要する私にとって、”独りでいる時間”は無くてはならないものです。

この”時間”を削ってまで彼女さんが欲しいか、と聞かれれば、私はNo.と答えます。

 

③責任を伴わない

 ”彼女さんができる”ということは、”その人の貴重な人生を自分が奪っている”ことに他なりません。

自分はそこまでできた人間ではありませんし、尚更お相手さんの時間を奪うなんてことはできませんね。

 ”命短し恋せよ乙女”という言葉がありますが、正しくその通りです。

幾ら晩婚化が進んでいるとはいえ、精神/肉体が若い時代は貴重です。

そんな光り輝く時間を自分如きが奪うなど、言語道断です。

その責任が伴わないというのは非常に楽ですね、生きるも死ぬも己の勝手。

とてもではないですが、二児を育て上げた私の父親のようにはなれませんね。

 

 

2.”独りでいることで得た強さ”への羨望

 昔付き合っていた彼女さんと”バケモノの子”の映画を観に行ったことがあるのですが、熊徹について百秋坊が

”(熊徹は)独りで強くなってしまった(故、他人との繋がりで得られる強さを身につけられていない)”

的なセリフを言っていた覚えがあります。

今の私にとって足りないのが正にそれなのではないか、と。

 今まで散々他人に助けられて生きてきた自分だからこそ、この強さが必要なのだと思っていますし、この強さを得ることで見える世界というものに興味があります。

 

 

3.もう人生に満足している

 正直いつ死のうが後悔はありません、20年と少し生きて恋愛もさせてもらえて趣味も楽しめて、美味しいご飯ももう十分食べました。

もし死神が明日迎えに来たとしても拒まず命を差し出すでしょう。

だからと言ってすぐ死ぬつもりはありませんが、あとはのんびり仕事をしつつ50くらいでぽっくり逝ければ理想ですね。

 

 

 とまぁ、こんな感じです。

人の恋愛沙汰を傍目で見るくらいなら大好物なので、これからは友人の惚気話が余生の密かな楽しみになりそうです。

第七回:祝 友人に彼氏ができました

 題に挙げた通り、自分の友人にとうとう彼氏ができました、非常にめでたいですね。

かれこれ二十年弱の付き合いでそこそこ親しい友人なだけに、こちらとしても嬉しい限り。

彼女からは大事なことからつまらないことまで色々思い出があるので、これから彼氏さんと無事にゴールインまで行って欲しいものです。

 

 この話をその友人としていた時、少し話題になったことがありまして、その話については次の話題で話そうと思います。

第六回:闇の十賢者ニーアを語る

 本日のお題は先週に引き続き”ぐらちゃん”でピックアップされていた十賢者のニーアについてです。

↓当該のぐらちゃん

先日ブログにまとめた記事にも少し触れられていますが、私の一番の推しキャラはニーアです。

※噂の先日まとめた記事

inspectorliris0510.hatenablog.com

 

 グラブルを始めてそろそろ三年目突入ですが、ニーアを仲間にするまではかれこれ一年程掛かりましたね。

そもそも入手のペースが悪くなりやすい闇属性の賢者なので遅くなるのはどうしても仕方ありませんが、簡易探索等でサボっていたツケやチケット満杯なのにほったらかし等が無ければもう一か月くらいは早く仲間に出来たかな...?

 

 賢者入手に取り掛かり始めたのも、グラブルをやっている会社の先輩から

”賢者というやべーやつらがいる”

という話を聞いたのがきっかけでした。

”どの賢者が良いかは股間に従え”と語る先輩たちに続き、

マグナ編成でやり込んでいる先輩A→マリア・テレサ

マグナ/神石でエンジョイしている先輩B→フラウ

マグナ編成でエンジョイしている自分→ニーア

見事に選択がバラけましたね。

自分がニーアを選んだ決め手は、

・黒髪ロングで幸薄そう、一見大人しそうな見た目(実際は幸薄いどころでは無かったのですが...)

・しかしながらほんのりヤバそうな雰囲気を醸し出す表情(実際はヤバいどころでは無かったのですが...)

・闇属性(闇属性はいいぞ、という個人的主張)

・水着ゾーイが居ない分の戦力増強

・ニーアとデスの共依存的関係を(見ているだけなら)程良い目の保養になる

可愛い←重要

以上の理由です。

 

 蓋を開けてみれば十賢者のやべーやつ筆頭だった訳ですががそこもまたよし、フィクションだし。

普段表出している自己肯定感の低さの裏に、自己中心的な思考が垣間見える所とか、

虐待していたニーアの両親/妹と本質的には変わらないのが何とも言えない感じですよね。

何となくそんな気持ちが分からなくもないので、尚更このキャラにのめり込めるのでしょうね。

 何だかんだ他の賢者達は自分の気持ちに折り合いがついたりして仲間になることが多いのですが、ニーアに至っては現在進行形で狂気まっしぐらです。

これからシナリオ等で新たな展開があると思いますが、引き続き楽しみです。

 

 そんな訳で、勿論編成にもバッチリ入っています、マグナはアバ杖を主軸に置いた奥義編成です。

1.フロント

・グラン(ドクター、回復、奥義火力源)

・ビカラ(回避/奥義ダメバフ、ディスペル)

・最終オーキス(連撃バフ/ダメカ、恒常火力源)

・シャレム(アビを撒いたらデスで退場、こんな使い方でゴメンなさい...)

f:id:inspectorliris0510:20210627232526p:plain

2.サブ

・ニーア💍(バフ、奥義火力源)

・バレクラ(まずフロントに出ない為、完全に飾り)

f:id:inspectorliris0510:20210627232531p:plain

3.武器

・デス短剣(無凸)

・終末刀(マグナ用、奥義上限UP)

・セレ爪(5凸)

・セレ斧(4凸、EXスキルに奥義上限UP)

オルタナ(4凸)

・アバ杖×2(4凸)

・黒麒麟弓(4凸)

・天司武器(3凸)

・バハ短剣(4凸、フツルス化済)

f:id:inspectorliris0510:20210627232536p:plain

4.召喚石

・セレマグ(5凸)

サリエル(無凸)

・カグヤ(4凸)

・ゴブロ(3凸)

・デス(5凸)

f:id:inspectorliris0510:20210627232555p:plain

 火力、バフ、手数に秀でた編成で、メタトロンHL程度ならソロで倒し切れます。

今までニーアは”愛ノ救イ”バフのせいであまり長く戦えなかったのですが、メイン武器にしているデス短剣のおかげでほぼ落ちることなく最後まで戦えています。

やはり推しキャラなのですから、一緒に背中合わせて戦いたいってモンですよね。

 

 勿論ウチのニーアは水着も完備です。

f:id:inspectorliris0510:20210712034546p:image

仲間にする一か月前くらいにスキンの発表があったので、迷わず購入しました。

”グラン君に見て欲しい為にデスと選んだ水着”だそうで、何というか、とても煽情的で目のやり場に困りますね。

マイページでのボイスも軒並みこう、何というかクるものがありますね。

 特に話題には挙げていませんでしたが、久遠の指輪も完備です。

クロム鋼が溜まってからヒヒイロよりも先に交換して、ニーアが当時Lv.1だったにも関わらず指にはめました。

 

 何かと話題に挙がることの多いニーアですが、やべーやつというのは往々にして人気なようで、

・7周年時点で十賢者加入率1位、とうとうアラナン爺さんを追い越す

・バレンタインチョコを送られたキャラは十賢者内1位、全体でもトップ10に割り込む強豪ぶり

ネタ方面にも事欠かず、

・デスでよく生贄にされる(一応きちんと確立した運用方法なので悪しからず)ことから、闇属性内では恐らく開幕即死率第一位

・魔法が得意でない(あくまでニーアの家庭内では、という話であって普通の魔法はある程度使える模様)ことから、ポンコツキャラ一直線

・”何でもする”と言質を取られた結果SEKIROから逃げられなくなる

等、ある意味十賢者の中では一番取り沙汰されているキャラなのかもしれません。

 

 中の人でお馴染みの下屋則子さんから

ちゃんと愛されて戸惑うニーアが見たい”

とコメントがあった通り、いつかそんな場面を自分も見てみたいですね。

だからニーアのことは頼んだぞグラン君。

 

 

※追記

ニーアのASMRが発売されたら買います、アルバムも勿論買います。

第五回:音源たくさん集めたで賞

 本日の話題は集めた音源(CD、データ含む)についてです。

 

 元々音楽には更々興味が無かったのですが、高校生になってからyoutubeや先輩の話等で関心の幅が広がり、音楽というものを聴き始めました。

お小遣い的な意味でも余裕が出てきた高校の春、中学3年の時に貰ったお年玉と合わせてiPodを買ったのが全ての始まりでしたね。

当時はテイルズシリーズにハマっていたこともあり、手始めにテイルズのOPを買い漁ったのは覚えています。

(確かカルマやPROGRESS、鐘を鳴らして等半分くらいは網羅していた筈、肝心のiPodを失くしてしまった為、確認のしようがないのは残念な所ではあります...)

 高校1年冬くらいからは友人の薦めもあり、ボカロ曲を聞きかじり始めました。

以降しばらくはボカロ曲ばかり聴きまくっていましたね、ええそれはまあ猿のように。

おかげさまでボカロ曲は今でもそこそこ詳しいレベルを維持出来ているつもりですがどうでしょう...?題名だけ並べるだけならパッと500曲くらいは言えるかな...?

 高校2年の後半くらいからはCDでアルバムを買うことに快感を覚え、溜めたお小遣いの7割くらいはCD代に充てていた気がします。

以前はデータのみで分かり易く形になっていなかった音楽が掴める、という感覚が新鮮で、今思えば自分のCD主義的思想はこの時期が根幹になっているのかもしれません。

今でも多少値が張ろうがデータよりCDを優先して買うようにしています。

(CDだろうがデータに変わりはないのですが、何故こうもこだわってしまうのでしょうかね、思い出補正...?)

当時買ったCDのうち、よく覚えているのは、

・悪巫山戯 / 鬱P

・End of the World feat. 初音ミク / 蝶々P

・Story of Hope / ゆよゆっぺ

辺りでしょうか、よく空き時間に聴いていた覚えがあります。

 高校3年になって曲の弾き手側に興味を持ち始め、社会人になってベースを始めます。

 中学時代は音楽の”お”の字も無かった人がCDを通してこんな音源/機材マニアになるのですから分からないものです。

 

 この週末、データの整理も兼ねて持っている音源を見直していたのですが、数えてみればなんと驚きのアルバム622枚分も集めていました。

(シングル・アルバム・データ等を含めた計算)

これからもたくさんCDやデータを買い漁る事にはなると思いますが、万に一つデータが吹っ飛んだ時のバックアップの手間と、既に動作が重いMusic Senterが気掛かりです。

(Music Senterについては、可逆圧縮可能なFLACで取り扱っているのが問題な気はしますが)

そんな訳で早速来週末はBook-offで中古CD漁りをする予定です、楽しみですね。

第四回:エルーンはやはり可愛い(アンスリアのドレス姿を見て)

 先日公式twetterからアンスリアのジューンブライドイラストがupされましたね。

とても可愛いです、グラン君正妻戦争が更に加速しそうなイラストでとても満足です。

 アンスリアと言えば、通常ver.の調整後性能がエキドナ天上征伐戦や2021年6月ドレバラ、ルシHLなど、各所でぶっ刺さっているイメージがあります。

浴衣ver.もビカラ・シャレムと併せた回避渾身パで使われている印象です。

まだどちらのver.も持っていないのですが、いつか無料分で引けるのでしょうか...?

 

 エルーンと言えば

・露出が多い

・スリムな人が多い

・ケモ耳

等々、グラブルユーザーにも人気な種族ですね。

かく言う私も推しキャラはエルーンの十賢者ニーアです。

お気に入り過ぎて2020年8月に発売されたスキンも買ってしまいました。

 

 グラブルには数多のキャラが居れど、自分の好きなキャラと言えば、

・アンスリア(エルーン)

まっすぐ好意をぶつけてくるのが可愛い23歳

・コルワ(エルーン)💍

こんな素敵なお姉さんが欲しかった26歳

・ニーア(エルーン)💍

やべーやつだけどこんな女の子と共依存になりたい17歳

・イルノート(ヒューマン)

こんな悪いチャンネーと夜遊びしたかった19歳

エウロペ(聖晶獣)

美人の塊で眩しい年齢不詳

...清々しいまでにエルーンだらけですね。

 まだまだこれからもグラブルは続いていくと思いますが、まだまだ魅力的なキャラが出てくるでしょうし、楽しみに毎日プレイして行きたいですね。

 

 以上、アンスリアのドレス姿に触発されて書いた記事でした。